top
ultra_power_amp.gif
ultra_capacitor.gif
regulator.gif
hid.gif
op1000
vr12_gnd
fuse
hi_low.gif
others
dealer.gif
topimage_braims.jpg

"Braim's"ウルトラキャパシタ

耐熱樹脂ケースの採用によりエンジンルーム内に設置可能なブレイムスウルトラキャパシタ
メインバッテリーに接続してカーオーディオの大元の電源を強化させるために

Braim'sウルトラキャパシタ HQ-12.6F
12,600,000uF  希望小売価格 ¥105,000 + 税
hq_12.6f_1.jpg

HQ-12.6F驚きのパワーアップデーター
オーディオ用として発売したブレイムスウルトラキャパシタは販売店様、ユーザー様から大好評を得ています。
更に、車が調子良い、燃費が上がった、加速が良くなった、高回転の伸び良くなった、低速トルクが上がった、
など車の走りや燃費改善に対する評価が多く寄せられています。
そこで弊社ではブレイムスウルトラキャパシタ有り、無しでパワーとトルクをシャシーダイナモで計測を試みました。
測定した結果、驚きのパワーアップが実現していました。
下図はホンダS-2000のパワーとトルクを測定したデーターです。
キャパシタはメインバッテリーに並列にHQ-12.6Fを接続。ケーブルは8ゲージ、長さ約2mと長め
1回目測定赤グラフ:HQ-12.6F無し
2回目測定青グラフ:HQ-12.6F有り
HQ-12.6Fを接続する事で、トルク1Kg/m、馬力11PS(DIN)のパワーアップしていました。
これは、電流の立ち上がりが早くなる事でエンジンをコントロールしている電装品が
理想に近い動作をするために実現していると思われます。
メイン電源(バッテリー部)の改善はオーディオ以外の車両電装品にも効果絶大である事が
データーとして実証されてます。
ガソリンが高騰している現在においては燃費改善でお求めになるユーザー様が多くいらっしゃいます。
弊社では音質改善を目的にデモカーや営業車にHQ-12.6FまたはHQ-1.3Fを使用していますが、
同時に燃費が良くなるので経費削減も達成しております。


測定車両:ホンダS-2000ノーマル仕様
測定協力店:スーパーオートバックス八戸店
測定日:2006年6月22日
接続条件:メインバッテリー両端へ8ゲージケーブル約2mで接続
赤グラフ:HQ-12.6F無し、青グラフ:HQ-12.6F有り
左:トルクカーブ、右:馬力カーブ
hq_12.6f_power_up.jpg

注意:上記データーは参考です。
車種によっては同じような結果にならない事もありえます。

ウルトラキャパシタのデモ体験出来る販売店はココ



BRAIM'S は弊社のオリジナルブランドです
お問い合わせは弊社 e-mail:office@ms-line.co.jp まで