top
processor
director
WiFi
extension_card
amp
speaker
capacito.gif
others
dealer
demo_car.gif
helix.gif
match.gif
atf_pc_tool_dl_button.gif
topimage_brax.jpg
AUDIOTEC FISCHER GmbH

MADE IN GERMANY

Matrix Series SPEAKER
MATRIXシリーズはGraphicPROを超える新世代のハイエンドスピーカーとして企画し、
世界的に有名なドイツ・DMK社との協同で開発されました。振動板、磁気回路、フレームと一切の
妥協を排し試作・試聴を重ねて誕生したオーディオテック・フィッシャー社の自信作です。

Matrix-1.1
matrix_1.1.jpg
25mm ツィーター
Matrix-2.1
matrix_2.1.jpg
54mm ミッドレンジ
Matrix-3.1
matrix_3.1.jpg
80mmミッドレンジ
Matrix-6.1PP
matrix_6.1pp.jpg
16cmミッドバス
Matrix-6.1
matrix_6.1.jpg
16cmミッドバス
Matrix-10.1
matrix_10.1.jpg
25cm ウーファー
Matrix-3WAY
matrix_3wayPassive1.jpg
3WAYパッシブ
Matrix-2WAY
matrix_2wayPassive1.jpg
2WAYパッシブ
Matrix-3.1リング
matrix_3.1ring.jpg
80mm 用サポートリング
Matrix-6.1リング
matrix_supportkit.jpg
16cm 用サポートリング
Matrix-10.1リング
matrix_10.1ring.jpg
25cm 用サポートリング


Matrix 1.1 28mmソフトドームツィーター   希望小売価格 ¥130,000 + 税
matrix_1.1.jpg

28mmハイエンドツィーター Matrix 1.1
新開発の大口径28mmシルクドーム振動板を採用。この振動板は成形後にアクロナールという
特殊アクリル樹脂のコーティングを行い、シルク繊維の強度と耐久性を向上させています。
磁気回路は28mm軽量ボイスコイルに強力N40ネオジウムマグネットを採用しています。
マグネットには8個の直径3mmに通気孔を設け、振動板の背圧をバックチャンバーへと導くとともに
磁気回路の冷却を行います。内部のバックチャンバーには定在波を抑制するフェイズプラグ、
ラムウール製の吸音材を装備しています。 振動板裏側の不要な音をスムーズに逃がし効果的に処理する事で
最低共振周波数750Hzを達成しています。ハウジングには不要な振動を抑え、
冷却効果の高い高品位な切削ステンレス製を採用し、前面のプレート部分は優れた指向特性
を実現しています。ハウジングのフランジ部を背面からステンレス製ネジ式マウントリングで
挟み込み固定するので確実なインストールが可能です。またフロントグリルは取り外しが可能です。
接続端子は24金メッキのダイレクト接続タイプを採用し太さ12ゲージのスピーカーケーブルまで対応しています。
28mmツィーターとしては広帯域特性を実現し、
全帯域に渡り高解像度を実現したハイエンドツィーターならではのサウンドです。
matrix_1.1cut.jpg

matrix_1.1_naibu.jpg

Matrix-1.1はドイツ AUTO HiFi 誌でアワードを受賞しました
2011_Matrix_1.1.jpg

Matrix 1.1 主な仕様
ユニット
28mmシルクドーム
周波数特性
750Hz〜30KHz
能率
90dB
インピーダンス

最大入力
50W
最低共振周波数
750Hz
バッフル開口寸法
50mm
フレーム外径寸法
60mm
埋込寸法
25mm
接続端子
12ゲージ対応

パッシブネットワークと組み合わせたセパレートセットはこちらをご覧ください。


Matrix 2.1 54mmソフトドームミッドレンジ   希望小売価格 ¥150,000 + 税
matrix_2.1.jpg

54mmハイエンドミッドレンジ Matrix 2.1
新開発の大口径54mmシルクドーム振動板を採用。この振動板は成形後にアクロナールという
特殊アクリル樹脂のコーティングを行い、シルク繊維の強度と耐久性を向上させています。
磁気回路は54mm軽量ボイスコイルに強力ネオジウムマグネットを採用しています。
マグネットには中心に直径24mmの通気孔とその周辺に10個の直径3mmに通気孔を設け、
振動板の背圧をバックチャンバーへと導くとともに磁気回路の冷却を行います。
内部のバックチャンバーには定在波を抑制するフェイズプラグ、ラムウール製の吸音材を装備しています。
振動板裏側の不要な音をスムーズに逃がし効果的に処理する事で最低共振周波数490Hzを達成しています。
ハウジングには不要な振動を抑え、冷却効果の高い高品位な切削ステンレス製を採用し、
前面のプレート部分は優れた指向特性を実現しています。ハウジングのフランジ部を背面から
ステンレス製ネジ式マウントリングで挟み込み固定するので確実なインストールが可能です。
またフロントグリルは取り外しが可能です。接続端子は24金メッキの
ダイレクト接続タイプを採用し太さ12ゲージのスピーカーケーブルまで対応しています。
54mmソフトドームとしては広帯域特性を実現し、
全帯域に渡り高解像度を実現したハイエンドミッドレンジならではのサウンドです。
matrix_2.1cut.jpg

matrix_2.1_naibu.jpg

Matrix 2.1 主な仕様
ユニット
54mmシルクドーム
周波数特性
500Hz〜8KHz
能率
92dB
インピーダンス

最大入力
60W
最低共振周波数
490Hz
バッフル開口寸法
78mm
フレーム外径寸法
85mm
埋込寸法
25mm
接続端子
12ゲージ対応

パッシブネットワークと組み合わせたセパレートセットはこちらをご覧ください。


Matrix 3.1 80mmミッドレンジ   希望小売価格 ¥70,000 + 税
matrix_3.1.jpg

80mmハイエンドミッドレンジ Matrix 3.1
新開発の80mmハイエンドミッドレンジ。振動板はサイザル麻を原料とするペーパーコーンをベースに
アルミナ(酸化アルミニウム)コーティングを施し非常に軽量かつ高強度を実現しました。
磁気回路は25mm軽量ボイスコイルに強力ネオジウムマグネットを採用しています。
マグネットには中心に通気孔とその周辺に8個の通気孔を設け、振動板の背圧の抜けを改善しています。
推奨エンクロージャーはシールドで150〜400mL(0.15〜0.4L)と小型な設定で取付性を重視しました。
フレームは不要な振動を抑えるアルミダイキャストを採用しています。接続端子は24金メッキの
ダイレクト接続タイプを採用し太さ10ゲージのスピーカーケーブルまで対応しています。
80mmミッドレンジとしては超広帯域特性を実現し、全帯域に渡り高解像度を実現した
ハイエンドミッドレンジならではのサウンドです。

10ゲージ対応のダイレクト接続端子
matrix_3.1_tansi.jpg


Matrix 3.1 主な仕様
ユニット
80mmペーパーコーン
周波数特性
113Hz〜10KHz
能率
89dB
インピーダンス

最大入力
60W
最低共振周波数
112.6Hz
バッフル開口寸法
77mm
フレーム外径寸法
92mm
埋込寸法
34mm
接続端子
10ゲージ対応
Matrix-3.1用 サポートリングキット
matrix_3.1ring.jpg
サポートリングの詳細はこちら
パッシブネットワークと組み合わせたセパレートセットはこちらをご覧ください。


16cmハイエンドミッドバス Matrix 6.1PP/Matrix 6.1
6.1pp_cone.jpg

中低域帯を受け持つミッドバス2モデルは重量感がありながら、パワー感、スピード感あふれる
ハイクオリティーサウンドです。Matrix6.1PPはフェイズプラグモデル。
位相ずれを補正するステンレス製フェイズプラグを装備し、
中域のバランスとつながりを重視したサウンドです。Matrix6.1はセンターキャップモデル。
16cmミッドバスとわ思えない低域再生能力を重視したサウンドです。

Matrix6.1PP/6.1の振動板はサイザル麻を原料とするペーパーコーンをベースにアルミナ
(酸化アルミニウム)コーティングを施し非常に軽量かつ高強度を実現しました。
フレームは不要な振動を抑えたアルミダイキャストのDINサイズを採用、
167mmの外形142mmのバッフル開口、奥行き64mmは多くの欧州車に適合します。
またフレームの開口部は振動板の背圧を効果的に拡散させます。
磁気回路には直径90mmの大型強力フェライトマグネット、切削ポールピース、
37mm軽量ボイスコイルを採用。
マグネットには背圧処理用のエアホールを6個装備し、底面のメッシュグリルと
ステンレスリングで保護しています。さらにインピーダンスの上昇と磁気歪みを抑制する
OFCショートリングをポールピースに装備しています。
Matrix6.1PPは切削ステンレス製フェイズプラグ、Matrix6.1はセンターホールが
磁気回路のクーリングを行います。
接続端子は24金メッキの高級ダイレクト接続タイプを採用し、
太さ10ゲージまでのスピーカーケーブルに対応しています。
ミッドバスを確実に固定できるトルクスネジ&トルクスドライバーが付属されてます。

Matrix 6.1PP 16cmミッドバス with Phase Plug   希望小売価格 ¥130,000 + 税
matrix_6.1pp.jpg
Matrix 6.1PP 主な仕様
ユニット
16cmペーパーコーン
周波数特性
35Hz〜5.0KHz
能率
88.9dB
インピーダンス

最大入力
170W
最低共振周波数
49Hz
バッフル開口寸法
143mm
フレーム外径寸法
167mm
埋込寸法
64mm
接続端子
10ゲージ対応
Matrix-6.1/6.1PP用 サポートリングキット
matrix_supportkit.jpg
サポートリングの詳細はこちら
パッシブネットワークと組み合わせたセパレートセットはこちらをご覧ください。


Matrix 6.1 16cmミッドバス    希望小売価格 ¥120,000 + 税
matrix_6.1.jpg
Matrix 6.1 主な仕様
ユニット
16cmペーパーコーン
周波数特性
35Hz〜4.8KHz
能率
88.6dB
インピーダンス

最大入力
170W
最低共振周波数
46Hz
バッフル開口寸法
143mm
フレーム外径寸法
167mm
埋込寸法
64mm
接続端子
10ゲージ対応
Matrix-6.1/6.1PP用 サポートリングキット
matrix_supportkit.jpg
サポートリングの詳細はこちら
パッシブネットワークと組み合わせたセパレートセットはこちらをご覧ください。


Matrix-10.1 25cm サブウーファー 希望小売価格 ¥135,000 + 税
matrix_10.1.jpg

新開発25cmハイエンドサブウーファー Matrix 10.1
Matrix10.1は高品位な低域再生とフロントシステムとのつながりを追求したハイエンドサブウーファーとして
新開発されました。
振動板は Matrixシリーズミッドバスのコンセプトを継承。サイザル麻を原料とするペーパーコーンをベースに
アルミナ(酸化アルミニウム)コーティングを施し非常に軽量かつ高強度を実現しました。
専用設計されたラバーエッジとダンパーは適度な柔軟性があり追従性に優れています。
不要な振動を抑えたアルミダイキャストフレームは275mmの外形、235mmのバッフル開口、奥行き114mm。
またフレームの開口部は振動板の背圧を効果的に拡散させます。 磁気回路は大型強力フェライトマグネット、
切削ポールピース65mm軽量ボイスコイルの仕様とし、X-MAX12.5mmを確保しています。
またマグネットにはステンレスカバーを、センターホールにはメッシュ仕様のグリルを採用しています。
接続端子は高級ダイレクト接続タイプを採用し、太さ8ゲージまでのスピーカーケーブル
に対応しています。 立ち上がりが早く、低重心ながら明瞭な低域再生を可能にしています。

Matrix 10.1 主な仕様
ユニット
25cmペーパーコーン
周波数特性
28Hz〜750Hz
能率
89.9dB
インピーダンス

最大入力
800W
最低共振周波数
37.5Hz
バッフル開口寸法
235mm
フレーム外径寸法
275mm
埋込寸法
114mm
重量
7.7Kg
推奨エンクロージャー容積
シールド 28ℓ
接続端子
8ゲージ対応

Matrix-10.1 AUTO-HiFiで絶賛
Matrixフロントスピーカーと同じクオリティーのウーファーと高評価
matrix_10.1.jpg

matrix_10.1ring.jpg
Matrix-10.1用サポートリングの詳細はこちら

Matrix 3Way パッシブネットワーク           希望小売価格 ¥180,000 + 税
matrix_3wayPassive1.jpg

構成パーツは音響専用の高級コイル、コンデンサー、肉厚基板を採用。パーツ間の悪影響の無い
レイアウトとしました。ハイパス/ローパス共に12dB/octのスロープ、クロスオーバー周波数は
ミッドバス-ミッドレンジが650Hzミッドレンジ-ツィーターが3KHzを採用しました。
ツィーターとミッドレンジのアッテネーションはそれぞれ5段階(-3.0/-1.5/0/+1.5/+3.0)
の細かい調整が可能です。MATRIX-6.1PP/6.1を1ペア追加したダブルミッドバスシステム
にも対応しています。クロスオーバー周波数が変化しない様に2Ωのミッドバスインピーダンス設定
が可能です。さらに2chバイアンプ接続にも対応。
これは1chがミッドバス専用、もう1chがミッドレンジとツィーターの2WAYとして
駆動することが可能です。ミッドバスにハイパワーアンプ、ミッドレンジとツィーターに
レギュラーパワーアンプを使用する等、自由度の高いシステムが構成できます。
アッテネーション、ダブルミッドバス、バイアンプの切替には、
24金メッキ高級タイプのジャンパーピン&ジャンパーベースで行うので音質劣化の心配がありません。

Matrix 3WAY パッシブネットワーク 主な仕様
クロスオーバー周波数
650Hz

3.0KHz
スロープ
12dB/oct
インピーダンス

最大入力
170W
ツィーターアッテネーター
-3.0dB/-1.5dB/0dB/+1.5dB/+3.0dB
ミッドレンジアッテネーター
-3.0dB/-1.5dB/0dB/+1.5dB/+3.0dB
バイアンプ
2chバイアンプ接続対応(MID TW/MID BASS)
ダブルミッドバスシステム
対応(ミッドバスの2Ω設定が可能)
ジャンパーピン&ベース
24金メッキ仕様
外形寸法
W170×H56×D144(mm)

matrix_3wayPassive.jpg
24金メッキ高級タイプのジャンパーピン&ジャンパーベース


Matrix 2Way パッシブネットワーク           希望小売価格 ¥140,000 + 税
matrix_2wayPassive1.jpg
構成パーツは音響専用の高級コイル、コンデンサー、肉厚基板を採用。パーツ間の悪影響の無い
レイアウトとしました。
ハイパス/ローパス共に12dB/octのスロープ、クロスオーバー周波数は2.6KHzを採用しました。
ツィーターのアッテネーションはそれぞれ5段階(-3.0/-1.5/0/+1.5/+3.0)の細かい調整が可能です。
MATRIX-6.1PP/6.1を1ペア追加したダブルミッドバスシステムにも対応しています。
クロスオーバー周波数が変化しない様に2Ωのミッドバスインピーダンス設定が可能です。
アッテネーション、ダブルミッドバスの切替には、24金メッキ高級タイプの
ジャンパーピン&ジャンパーベースで行うので音質劣化の心配がありません。

Matrix 2WAY パッシブネットワーク 主な仕様
クロスオーバー周波数
2.6KHz
スロープ
12dB/oct
インピーダンス

最大入力
170W
ツィーターアッテネーター
-3.0dB/-1.5dB/0dB/+1.5dB/+3.0dB
ダブルミッドバスシステム
対応(ミッドバスの2Ω設定が可能)
ジャンパーピン&ベース
24金メッキ仕様
外形寸法
W170×H56×D144(mm)

matrix_2wayPassive.jpg
24金メッキ高級タイプのジャンパーピン&ジャンパーベース



Matrix-3.1用 サポートリングキット       希望小売価格 ¥22,000 + 税
matrix_3.1ring.jpg

クオリティーの高いインストールを行うために、Matrix-3.1用に専用設計された
切削ステンレス製サポートリングを、新たにオプションで設定しました。
フレームの背面側に設置すればマウントリングとして使用できます。
また、前面側に設置すればグリル用リングとして使用可能です。
どちらの使用方法でも取付部の剛性アップが期待できるので
締まりのある中低域サウンドの充実が見込めます。

Matrix-3.1用 サポートリングキット 主な仕様
外形寸法
105mm
内径寸法
92.3mm
開口寸法
76.5mm
厚さ
7mm
取付ネジピッチ(対角)
86.0mm

背面側に設置してマウントリングとした場合
matrix_3.1ring_a.jpg

前面側に設置してグリル用リングとした場合
matrix_3.1ring_b.jpg

サポートリング寸法図
(画面をクリックすると拡大します)
matrix_3.1ring_size.jpg

Matrix-6.1/6.1PP用 サポートリングキット       希望小売価格 ¥40,000 + 税
matrix_supportkit.jpg

クオリティーの高いミッドバスのインストールを行うために、Matrix-6.1/6.1PP用に専用設計された
切削ステンレス製サポートリングをオプションで設定しています。
ミッドバスフレームの背面側に設置すればマウントリングとして使用できます。
またミッドバスフレームの前面側に設置すればグリル用リングとして使用可能です。
どちらの使用方法でも取付部の剛性アップが期待できるのでサウンドの向上が見込めます。

Matrix-6.1/6.1PP用 サポートリングキット 主な仕様
外形寸法
181mm
内径寸法
167mm
開口寸法
144mm
厚さ
8mm
取付ネジピッチ(対角)
160mm

背面側に設置してマウントリングとした場合
matrix_suportkit_cut2.jpg

前面側に設置してグリル用リングとした場合(グリル使用可能)
matrix_suportkit_cut1.jpg

サポートリング寸法図
(画面をクリックすると拡大します)
matrix_supportkit_size.gif

Matrix-10.1 サポートリングキット       希望小売価格 ¥42,000 + 税
matrix_10.1ring.jpg

クオリティーの高いインストールを行うために、Matrix-10.1用に専用設計された
切削ステンレス製サポートリングを、新たにオプションで設定しました。
フレームの背面側に設置すればマウントリングとして使用できます。
また、前面側に設置すればグリル用リングとして使用可能です。
どちらの使用方法でも取付部の剛性アップが期待できるので
締まりのある低域サウンドの充実が見込めます。

Matrix-10.1用 サポートリングキット 主な仕様
外形寸法
288mm
内径寸法
267mm
開口寸法
240mm
厚さ
14mm
取付ネジピッチ(対角)
258mm

背面側に設置してマウントリングとした場合
matrix_10.1ring_mount.jpg

前面側に設置してグリル用リングとした場合
matrix_10.1ring_grill.jpg


matrix_10.1ring_on10.1.jpg

サポートリング寸法図
(画面をクリックすると拡大します)
matrix_10.1ring_size.gif


弊社はドイツAUDIOTEC FISCHER社と契約した正規輸入元です
お問い合わせは弊社 e-mail:office@ms-line.co.jp まで


HELIX TOPへ戻る
BRAX TOPへ戻る
TOPへ戻る