トップ
プロセッサー
プロセッサーアンプ
プロセッサー比較
ディレクター
WiFi
extension_card
オプションケーブル
アンプ
トレードインスピーカー.gif
サブウーファー
アダプターケーブル
アダプターリスト
スイッチボックス
デモカー
brax.gif
helix.gif
atf_pc_tool_dl_button.gif
atf_setup1_2_button.gif
topimage_helix_pp.jpg
AUDIOTEC FISCHER GmbH

MADE IN GERMANY

BMW RAM Module i-Drive7 に対応したプロセッサーアンプ

UP-7DSP + PP-BMW1.7RAM 8chDSP内蔵7chパワーアンプ    希望小売価格 \192,500(税抜価格\175,000)
光デジタル入力端子:96KHz/24bitフォーマット対応

内部処理サンプリングレート 48KHz-24bit
up_7dsp_bmw.jpg
high_res_logo_48_24.jpg pc_tyousei_kanou_icon.gif
ハイレゾリューションの詳細は、ハイレゾロゴをクリック、またはこちら

新開発のUP 7DSP with MEC ANALOG IN + PP-BMW 1.7RAMは、
2019年以降のi-Drive7のトランクルーム内のBMW RAM Module
対応したプロセッサーアンプです。

i-Drive7 搭載車はトランクルームの純正6chパワーアンプにチューナーなど
オーディオのモジュールが集約されたBMW RAM Moduleシステムです。
UP 7DSP with MEC ANALOG IN + PP-BMW 1.7RAMは、
BMW RAM Moduleシステムに対応した新開発の商品です。
up_7dsp_bmw_ram1.7.jpg
画像をクリックすると拡大します

付属の変換ハーネスにより6chハイレベル入力・7chスピーカー出力が
純正配線にカプラーオンでの配線が可能です。

純正配線から6chの信号を入力しDSP処理を行い、7chパワーアンプ
にてフロントL/R・リアL/R・フロントセンター・シート下サブウーファーL/Rを駆動します。
DSP機能により各chのクロスオーバー、タイムアライメント、イコライザー等を自由に調整す
ることが可能になります。(Windows PCにより調整)

DSP処理の心臓部にはクロック周波数295MHzのアナログデバイセズ製64bitプロセッサーを
装備し、内部サンプルレートは48kHz/24Bitで動作します。
高音質バーブラウン製24bitA/D・D/Aコンバーター、高音質オペアンプ搭載により、高調波歪
率0.03%以下、S/N比105dB以上を達成しています。

パワーアンプ部の定格出力はフロントL/R・リアL/R・フロントセンターが4Ω時65W×5ch、
シート下サブウーファーL/Rが2Ω時160W×2chを実現しています。
加えてプリアウト1chを装備していますので、別途市販パワーアンプ等の接続も可能です。
Class HDコンセプトではNFB(ネガティブフィードバック)回路にフィルター回路を設けて
高周波成分を打ち消すので、出力回路に余分なフィルターを通さず音楽信号を出力することを
達成しました。これにより負荷インピーダンスによる周波数特性の変化が無く、低歪化を実現
しています。またダンピングファクター100以上と高音質再生を可能にしています。

調整アプリケーションDSP PC-Tool Ver.4.70は細かい設定が可能になり、出力/EQレベルは
0.25dBステップ、タイムアライメントは7.1mmステップ、HP/LPのスロープは-42dB/octま
で対応しています。さらにUP-7DSPのための独自DSP機能を追加しています。
【Real Center】独自アルゴリズムのセンター信号生成により自然なフロントステージを実現
【Dynamic Bass Enhancement】シート下サブウーファーに最適化された低域信号を増幅
【Sub Xpander】超低域信号を増幅
【Stage Xpander】フロントステージの広がり感を増幅
【Clarity Xpander】高域の透明感を向上

外部入力として光デジタル入力端子×1系統を標準装備しています。
光デジタル入力を使用する場合、ボリューム調整および入力切替に
オプションのDIRECTOR/URC-3リモコンが必要になります。
PDC、電話、ナビ音声などの自動切換も調整アプリケーションで自動に設定ができます。

MATCH EXTENSION CARD
予めMEC ANALOG IN カードが装着されています。
オプションのカード設定がありません。

既存のデーター入力で簡単に初期設定が可能
GENERAL Setup DataをATF PC-TOOLで読込めば初期設定の作業が簡略できます。
ダウンロードしたデーターは自由に修正し別名で保存が可能です。
セダン
GENERAL Setup Data 右ハンドル 1/2/3/4シリーズ

ツーリング
GENERAL Setup Data 右ハンドル 5/6シリーズ


左ハンドル車用の Setup Dataは、ボタンをクリックし本国Webから読み込む事ができます。
atf_setup_dl.jpg


適合車種
i-Drive7車は下の写真の様に、
スピードメーターとタコメーターが左右に配置され、
スピードメーターは時計回りに、タコメーターは反時計回りに表示します。
このメーターが搭載されている車輌が i-Drive7になります。
up_7bmw_i_drive7_meter.jpg
画像をクリックすると拡大します


UP 7DSP with MEC ANALOG IN コントローラー接続側
up_7dsp_bmw_side_a.jpg
MINI-USBはPC専用端子、MINI-DINはコントローラー専用端子、
光デジタル入力端子、 MEC ANALOG IN カード、入力ゲイン調整VR、リモートアウト端子、
プリアウト端子を装備しています。


UP 7DSP with MEC ANALOG IN 入出力接続側
up_7dsp_bmw_side_b.jpg
付属のPP-BMW1.7RAMケーブルを使用して、20ピン、8ピン、
MEC ANALOG IN カード4ピンコネクターと純正コネクターを接続します。
3ピン電源コネクターは、+12VとGNDを配線します。
リモートを配線する必要はありません。


付属のPP-BMW1.7RAMケーブル
ケーブル単体の詳細は、左上のオプションケーブルボタンでご覧ください。
UP 7DSP と車輌側の接続が簡単に行えます。
up_7dsp_bmw_ram1.7_cable.jpg
画像をクリックすると拡大します。


実際の接続図
電源、グランド以外は全てコネクター接続です。
接続図 クリックすると拡大
画像をクリックすると拡大します。


6chパワーアンプにチューナーなど
オーディオのモジュールが集約されたBMW RAM Module
up_7dsp_trunk_junsei.jpg


UP 7DSP with MEC ANALOG IN 主な仕様
チャンネルモード
5ch + 2ch + 1ch(プリアウト)
出力電力
65W RMS×5ch 4Ω(フロント/リア/センター)

160W RMS×2ch 2Ω(サブウーファー)
ダンピングファクター
100以上
入力感度
ハイレベル:5.0V〜11.0V
入力インピーダンス
13Ω
オートパワーオン機能
対応 (ON/OFFスイッチはサイドパネルに装備)
光デジタル入力
角形TOS×1系統(SPDIF:6-96KHz/24bit)
周波数特性(+0/-1dB)
20〜22KHz
高調波歪率
0.03%
DSP
64bitプロセッサー、クロック周波数:295MHz
動作サンプルレート
48KHz/24bit
A/Dコンバーター
高音質24bit バーブラウン社製
D/Aコンバーター
高音質24bit バーブラウン社製
SN比
105dB以上(デジタル入力時)、103dB以上(アナログ入力時)
出力レベル
5.0dB〜-30dB
各部レベル調整ステップ
0.10dB / ステップ(PC-TOOL V4.50a以降使用時)
タイムアライメントステップ
7.1mm / ステップ
動作電源電圧
10.5V〜16.0V
MEC 入力
MEC ANALOG IN 装着済(他のカード使用不可)
入出力端子
専用20ピン、8ピンコネクター
その他
コントロール入力端子、USBmini端子(PC接続用)
ヒューズ
MINI 25A×2
外形サイズW×H×D
153×49×130(mm)
重量
2.3 Kg
付属品
接続ケーブル一式

電源コネクター

USBケーブル(PC接続用)

取付金具

PC-Toolセットアップ スペック
ハイパス(フロント/リア/センター)
20〜20KHz 1/48オクターブステップ
ローパス(フロント/リア/センター)
20〜20KHz 1/48オクターブステップ
ハイパス(ウーファー)
20〜100Hz 1Hzステップ
ローパス(ウーファー)
20〜300Hz 1Hzステップ
肩特性
Butterworth/Bessel/Chebychev/Linkwitz/self-define
Butterworth スロープ
6/12/18/24/30(dB/oct)
Bessel スロープ
6/12/18/24/30(dB/oct)
Chebychev スロープ
6/12/18/24/30(dB/oct)
Linkwitz スロープ
12/24(dB/oct)
self-define スロープ
12dB/oct固定+Q:0.5〜2.0 (0.1ステップ)
イコライザ(F/R)
30バンド(1/3octステップ)+中心周波数調整(1/6octステップ)
イコライザ(Woofer)
15バンド(2/3octステップ)+中心周波数調整(1/6octステップ)
タイムアライメント
0〜-425.00cm (7.1mm=0.02mSステップ)
位相調整(フロント/リア/センター)
0〜348.75度 11.25度ステップ
位相調整(ウーファー)
0〜348.75度 11.25度ステップ
調整用ソフトウエア
ATF DSP PC-Tool V4.70a以降(Webよりダウンロード)
対応OS
Microsoft Windows-8/10
システム要件
1GHz以上のCPU、1GHz以上のRAM、

25MB以上のHDD空容量、USB2.0ポート

解像度1024×768以上のディスプレイ


PC-TOOLの画面
上左:クロスオーバーイコライザー調整画面 上右:タイムアライメント調整画面 
下左:入力選択調整画面 下右:外部入力レベル、リモコン設定など
version_4_main.jpg
version_4_time.jpg
version_4_io.jpg
version_4_remo.jpg
画像をクリックすると拡大します)
PC-TOOLソフトウエアは左項のダウンロードボタンから取り込めます

DIRECTOR/URC-3/RTA
director.jpg
入力の切換や各種ボリュームの調整は、DIRECTOR/URC-3で行えます。
また、調整時の周波数特性のチェックはMTK-1のRTAが使用できます。
詳しくは左上DIRECTOR/URC-3/RTAボタン、またはDIRECTORをクリック。



match_logo.gif

HELIX Plug&Playは2013年よりMATCHブランドに統一されました

弊社はドイツ AUDIOTEC FISCHER社と契約した正規輸入元です
お問い合わせは弊社 e-mail:office@ms-line.co.jp まで


BRAX TOPへ戻る
HELIX TOPへ戻る
MATCH TOPへ戻る
TOPへ戻る